SonicWALL 01-SSC-9187 3yr SRA Virtual APPL Web App Firewall 01SSC9187。


 さて、には勝田マラソンがありますし、3月頭には本命レースもあります。よってこのままブクブクと太っている訳にもいかず、そろそろ重い腰を上げて減量を始めていきたいと思います。


 何でも1度は試してみたい性格の私は、色々なダイエットに挑戦してきました。一番手っ取り早くて即効性があるのは、プチ断食や極端な糖質制限である事には間違いありませんが、まずその道のりがあまりに厳しいが故に屈強な精神力が必要な事と、確実にリバウンドする事、目標に達成した時点でかなりの体力を消耗していると言った、「だったら最初っから何もしない方が良かったんじゃない?」という、まさにその通りの結果となるわけです。


 そこで、たいした経験を積んできた訳ではありませんが、本、雑誌、ネット記事を読んで得た情報と、自分で実際に試してみて科学的なエビデンスは無いものの、これは効くのではないか。効率良く痩せる事ができるのではないか?という方法を、お恥ずかしながら書き記してみたいと思います。


 メソッドとも言えない、つまみ食いの寄せ集めですが、この減量方法は単一方法ではなく、複合的なメソッドです。それぞれは完全に独立してはおらず、微妙な相互作用の上で成り立っております。但しこれらの複合メソッドは最低限「走る」という行為が無い限り成り立たないと申しますか、基本的な考えは「せっかく走っているのだから、いかに脂肪を燃料として効率良く燃焼させるか」という考え方が土台としてあります。



<第一優先事項:筋肉をつけて基礎代謝を上げる>

 はい、ダイエットの王道ですね。ようやくこの基礎部分に気付きました(笑)。結局のところ、断食や糖質制限で激ヤセしても経験者は解ると思いますが脂肪燃焼の限界に達した後はエネルギー源として筋肉が消費され、筋肉量が減少していきます。すると基礎代謝は下がり痩せにくくなるのは当然、更にはリバウンドで太った頃、時すでに遅しで減量を始める前よりも筋肉量が落ち体脂肪率が増えてるという、ホラー映画も真っ青の恐怖の悪のスパイラルに陥るわけです。そしてこの悪のスパイラルは別に特別な話では無く、誰もが経験するであろう極一般的な話なのです。逆に減量期間であっても筋肉量の減少を食い止め、そこそこの量を維持できた場合、日常生活における基礎代謝に加え運動代謝が上がるわけです。代謝が上がると言うことは、同じ運動量であってもカロリーの消費が激しく、それだけカロリーを摂取できる、減量がになる。良いことずくめと言えるのです。

 要するに、フィットネスジムに足繁く通い、大胸筋だ、広背筋だ、腹筋だ、僧坊筋だと、せっせと鍛えるわけです。ただし、回りくどい説明をしましたが、要するに筋トレは私の趣味です(爆)。実はそれ以外の理由は無いです(爆)!

 筋肉量を落とさないと言えば、テクニックと言えるか解りませんが、プロテインによるタンパク質の摂取です。なるべく切らさないよう、ワークアウト後(ホエイ)、就寝前(カゼイン)、おなかが減った時(マグケーキかホエイか市販品)の1日3回摂取します。

 プロテインには、ホエイ、カゼイン、ソイとありますが、それ以外に今のマイブームは、マイプロテイン社の"プロテインマグケーキ"です。これは凄いですよ。カップに粉を入れ、水を注いで混ぜて、レンジでチンで簡単に蒸しパンのような美味しいプロテインケーキが出来上がります。できたては暖かく柔らかいので、どこぞのカフェのショーケースで何時間も寝かされたスイーツよりも個人的には数倍美味しいです。もちろん高蛋白で低カロリーです。その他、ワークアウトの前にはBCAAとグルタミンを水溶きして摂取しています。


<第二優先事項:無理なくカロリー制限を行うHandicrafts Plus Indian Handmade Mukut Print Throw Bedding Bedspread Ethnic

 即効性が高く、効果が解りやすいのが断食や極端な糖質制限です。が、その反面リバウンドの確率が非常に高く、極端な糖質制限を行った結果として、衰弱して体力を奪われる状態になりかねません。何気に経験しています。「ようやく解ったか(爆)!」

 この手の話に関しては、情報が溢れていますので割愛しますが、今回の私の減量の目標は
 1)断食(プチ断食)をせず、1日 1500 ~ 2500カロリーを必ず摂取する
ハスラー2 ノーバディーズ・フール ポール・ニューマン 映画グッズ 直筆サイン入り写真 アート インテリア オートグラフ フレーム別 /鑑定済み
 3)アプリ(あすけんダイエット)で、摂取した物を全て記録する
 4)甘いものが食べたくなったら、プロテインマグケーキやオイコスヨーグルトなので我慢する (※結局これが一番難しい)



<第三優先事項:サプリメントに頼る(爆)!

 この辺からだんだん怪しい内容になってきますが、ランニング、ウエイトトレーニングをする際に、脂肪燃焼効果を高める効果が高いサプリメントを摂取すると言う考えです。飲んだだけで痩せるサプリや、脂肪吸収を抑えるバリア的なサプリではなく、飲めば運動時の脂肪燃焼効率が高まる(のではないか?)と言う燃焼促進系サプリです。

 1)グリコ・エキストラバーナー(ヒドロキシクエン酸配合)。ランニング前
    昔から飲んでます。効果は不明。ほぼお守り状態

 2)CLA共役リノール酸(夜・朝)と、Lカルニチン(昼・運動前)
    マイプロテイン購入時のオマケでくれたので、飲み始めました。効果は不明。

 3)ヘルシア紅茶とヘルシアウオーター
    丸の内ヘルスカンパニーで、ダイエット競走で優勝した際の商品。24本と24本
    おせじ抜きで茶カテキンの内臓脂肪の減少に及ぼす影響力はすごく高いと思います。



Nendoroid Deadpool Orechan Edition Action Figure 並行輸入品

 1)筋トレ(ウエイトトレーニング)を先に行い、直後にランニングを行う。

 2)ジョギング(Eランニング)の際は、カルボーネン法を参考に、心拍136-156(146AVE)を維持。

 3)今は冬で外は寒いので、暖かいジムでトレッドミルを有効に活用して沢山汗を流す。
   特に雨の日などは迷わずトレミで。

 4)毎朝、起床直後、トイレに行ってから自宅の体重計で体重と体脂肪率を計測して、アプリ内に記録する。(※けっこう、これが重要)

話にオチなし。

今回は、急激な減量によって、体力が衰弱するような失敗は避けて、だったら初めから減量などしない。ぐらいの心構えで取り組みたいと思います。